スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり手を出しちゃった… 

ご無沙汰でした。
まあ皆さん…ビックリしませんね、最近では毎度のことなので。

連休中…何をしていたかというと、惰眠を貪っていました。
今日なんて、ご飯作るのめんどくさくて、お昼に外食したのですが
(久々4人とも家にいたっていうのと、夜は娘が塾だから…っていうのもあったのですが)
食べてしばらくすると、おなかは下すし、吐き気はするしで、大変でした。
別に変なもの食べてないと思うんだけど…(^^;)

もう大丈夫なんですけどね。
なんだったんだろう…

土曜日、息子の金管の演奏会が駅近くであったので、それを見た後、本屋に行きました。
原作の大奥を買おうと思ってね。

金曜日かな~?
アマゾンでチラッと見たんですよね。
私、映画化になるまで、存在すら知らなかったから、どれだけ出てるんだろう…?と思って。
ガラスの仮面だの、花男だのみたいに「何冊あるんだよ!いつまで続くんだよ!」っていう状態ではさすがに手が出ないなと思って。
いや、そこまでなくてもハチクロでも買わなかったかな?(^^;)
でも、5巻まで(ホントは6巻なんですね、その場では5巻までだと思ってたから)なら買えるかな~?と思って。

私がいった本屋、この辺では結構大きい本屋なんですよ。
教科書も扱ってるくらいの本屋。
なのに大奥…1巻だけなかった(TωT)
もしかしたら「だから」なのかもしれないけど。
それなりに大きくて(この辺ではね)駅から繋がってる便利な本屋だから。

で、ないとなると、もっと欲しくなるのが人ってもんで。

今日昼食べ終わって、トイザラスで息子が欲しがってたヘリウムガスを買った後
(娘の誕生日には息子にも何か買ってあげることになっているのですが、いつもはゲームソフトなのに、今回はヘリウムガスを欲しがった息子。
安上がりで私は嬉しいですけどね 笑)
スーパーにいきまして。

あ、そうそう、そこ、CDショップも入ってるんですけどね。
嵐さんの僕の見ている風景…でしたっけ?(^^;)
まだちゃんとタイトル覚えてませんが(爆)
「ご好評につき、ただいま売り切れ中」
だそうですわ。
凄いね~嵐さん。

で、本屋ですよ。
買って来ました。大奥。
ついでに若だんなシリーズがちょうど読み終わったところだったので、その続きと、ちょっと目に入った文庫。
そして娘にも1冊買わされました。

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))
(2005/09/29)
よしなが ふみ

商品詳細を見る

うそうそ (新潮文庫 は 37-5)うそうそ (新潮文庫 は 37-5)
(2008/11/27)

畠中 恵

商品詳細を見る

日本語の作法 (新潮文庫)日本語の作法 (新潮文庫)
(2010/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る

私の分はこの3冊。

若だんなシリーズ(というか、しゃばけシリーズですね)で、これの前に読んでた本。
おまけのこ (新潮文庫)おまけのこ (新潮文庫)
(2007/11)
畠中 恵

商品詳細を見る

チョッピリ悲しくなっちゃった話もありましたが。
報われない部分とかね。
人生どうにもならない部分があるというか。
でも基本、楽しいんですよ。
だから読み始めたらするっと読めちゃうので。


で、1冊…堅苦しいタイトルの本も並んでいますが(爆)
学生の頃、この人の本、何冊か読んだことあるんですよね。
タイトルは、当たり前のように忘れましたが(笑)
たぶんきっかけは、問題集か何か。
この人の文が、問題で取り上げられてたんだよね。
それがなんか面白くて。
今回の文庫も、存在全く知らなくて、平積みされてるのをたまたま見かけたんだけど。
「外山滋比古だって、なつかし~!!」と思って、ちょっとてにとってパラパラットめくったら。
文庫にしては文字が大きくて、しかも行間が結構開いてて。
文章もやっぱり堅苦しくなくて面白そうだから、買ってみた(爆)
国語国文科にいても国文は好きでも国語は嫌いだったんだけど、この人のは楽しいんだよね~。

まあ、ぼちぼち読み進めていきますわ。


で、原作大奥ですが。
アマゾンでは賛否両論だったので、私はどうかな~?と思ったんだけど。

面白かったです。













最初はパラパラッと、やっぱり映画と比べながら読んじゃって。
「ああ、映画みる前に読まなくてよかった」って思ったよ(爆)

先に原作読んでたら、やっぱり私は原作と比べながらみてただろうなって。
映画を先にみたから、純粋に映画「大奥」楽しめた。

で、「なんか…ずいぶん流し読みしちゃったな」と思って、夕飯後にもう1回読んで。


読んだ感想としては。

映画はずいぶんさらっと描かれたな~と思ったけど、原作に比べると、かなり深く掘り下げてたんだな、ってこと。

大奥が何冊か出てるのは知ってたんだけど、それ全部が水野と吉宗を描いてるもんだと思ってたんだよね。
でも出てるうちの1巻分の話なんだね、映画って。

原作に比べると、水野のお信に対する想いも、大奥の内部のことも、詳しく(わかりやすく?)描かれてたし。

映画みた後「ちょっと物足りなかったな~」と想いながらも、頭のどこかにずっと残ってるんだよね、大奥が。
でも映画はDVD化になるまで我慢して、コミックのほうを読み進めていこうと思います。

そうそう、杉下がさ~気になってたのよ!!水野が大奥から出た後。

よかったね~(*^^*)
ってまだ1巻しか読んでないからその後は知らないけど。
(あ、教えてくれなくて結構ですよ 爆)
当たり前だけど、いいところで1巻が終わっちゃって。
2巻が楽しみでございまする…(笑)


ってことで。

コミック2回読んで、映画のパンフ、まだ読んでないところを全部読んで。
うそうそ読もうと思ったのですが、さすがに活字に疲れた。

…ってこんな程度で疲れる私もどうかな~?と我ながら思いましたが。
まあ、ぼちぼちね、ぼちぼち…

そうそう、ぼちぼちといえば。
夕べと今日の午前中かけて、今年の雑誌整理漸く終わりまして。
たいした冊数じゃなかったけどね。
それでも何冊かな~?10冊弱かな?
ちょっと達成感です。

でもホンのちょっとね…

だってまだ、2006年から去年までの雑誌が控えてるんだもん(爆)
こっちは追々ね、追々…(^^;)

スポンサーサイト

コメント

杉下~!

はじめまして。


大奥!私も映画観てから、というもの…ずっと杉下のその後が気になっておりました。
漫画では、その後が描かれてるんですね~。

そのうち、読みたいな…とぼんやり思ってましたが。
これは大変!気になって仕方ありません(笑)。


明日にでも、本屋さん行ってきまーす(*^▽^)/。
教えていただきありがとうございます!


あ、冴えない郵便局員と女優の韓流ドラマ…
最終回ハッピーエンドでよかったですね!
その節はコメントありがとうございました!

マリオン☆さん

わお♪はじめまして、わざわざありがとうございます(*^^*)

今のところ3巻までしか読んでないんですけどね。
(今日本屋にいったらそこは3巻までしか置いてなくて、続きが買えませんでした)
1巻の最後に、水野がいなくなった後の杉下がちょろっと出てました。

2巻・3巻は話が遡っているのでたぶん4巻辺りでまた元に戻るのではないかと。
私も早々に続き、買ってきて読みます。

あ、最終回、よかったですね~♪
でも骨折(でしたっけ?)した旦那の鼻を手でかんであげるシーンを見て
「うわ~あれは真似できない!!」って思っちゃいました(爆)

みゆちゃんのお友達ですよね?
よかったら、これからもよろしくお願いします(*^^*)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。