スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しく言葉にしてみましょうか 

昨日は久々12時台に寝られる…と思っていたのですが、最後にうっかりメールチェックしたのがいけなかった。
お陰で結局寝たのはいつもと変わらず…
(どのメールが原因か皆さん見当がつくかと思いますが 笑)

ここに来てくださる方…
初めての方や、知らずにまた来ちゃった方は別としても、わざわざここを選んできてくださってる方の大半は、私のこと、判ってくださってると思うのですが。
そうじゃないのに、わざわざ来てくれてる人もいるそうなので、いつも私が言わないことを、たまには言ってみようかと。
もしかしたらこれが最後かもしれませんけどね。

私は、「言われなくても、言葉にされなくても理解しろ」といって育ちました。
人が言葉として発しなくても、その裏も自分で気がつけ、ってことですね。
だから無意識のうちに、人の言われたことの裏も考えて、自分が発する言葉は一度頭で考えてから発することが多いです。

そういう私なので、旦那には付き合ってるときに「言わなきゃ分からない」って言われることが多く、「思ってるだけじゃなくて、ちゃんと言葉にしろ」って言われました。

なので、今でも人に言葉を投げかける時は頭で考えることが多いですし、逆に旦那には思ったことをズバズバ言います。
旦那は私にそういったこと、ちょっと後悔してるみたいですけどね…


旦那のことは、ここではぼろくそいってますが、元々身内を褒めることが苦手なので、ここにはほとんど書いてませんね。
15年…付き合ってから20年になりますので、それこそいろんなことがあったし、いやな事…は皆さん知ってるか(爆)も色々ありました。

予定外のこともありましたし(一番はスキーね、こんなにのめりこまれるなんて、結婚当初は思ってませんでしたから)
私の中では波乱万丈ありましたが、そのころに比べたら、今は穏やかな生活です。

娘がちょっと前まで、手がつけられなくて、ホント私は放棄したくなるくらいだったのですが、私が怒った翌朝、私が台所にいるときに「パチ、パチ」と音がするので何の音かと思ったら、旦那が娘の頬を叩いてる音でした。
その朝はムッとして学校に行った娘でしたが、それから少し変わりました。
今までの反抗的な態度がだいぶ消えました。
それはやっぱり父親の力なのかな、って思いました。

私が嵐にのめりこんでいったとき、最初はブレーキをかけようとしてる部分もあったようですが、今ではだいぶ理解してくれてます。
旦那がスキー、私が嵐、それでバランスが取れていることに気が付いたようです。

だいぶ手抜きの家事をしている毎日ですが、それに文句を言わないのも感謝してますわ。
いや、ホントは私がちゃんとやればいいんでしょうけどね。
誰も褒めてくれないので「私がんばってるでしょ?」って言うと「うん、がんばってる」って言ってくれますわ。
なのでちょっと申し訳なくて「家のこと、あんまりやってないけどね…」
って言うと、「いや、俺のほうが何もしてないから」って言われます。
確かに…家のことは何にもしないですからね。
たまにやってくれるとその後が凄い状態になるので、今ではやって欲しいとあんまり思わなくなりました。


娘は、ここでは言ったことないと思いますが、今、生徒会の役員をしています。
部活も文化部の中ではハードなほうで、土日の活動も多いです。
三者面談の時に、担任の先生から
「生徒会の役員をしたいといわれたときに、私のほうが心配になっちゃったんですよ。
部活も一生懸命やってる子だし、クラスでは班長もやっていて、それ以上自分の役目を増やして大丈夫なのかと思って。
だから『大丈夫なの?』って聞いちゃいました。
そしたら、2年生になったら忙しくなるから、1年生のうちに自分のやりたいことをやってみたいというので、応援することにしました」
といわれました。

実際、私が想像していたよりもだいぶ生徒会の仕事に時間をとられて、部活に出る日がかなり減りました。
この間も1週間以上部活に出ていなくて「大丈夫なの?」って聞いちゃいました。
そんなに毎日部活に出ていなくて、みんなから遅れないのか、先輩からいやな目で見られないのか。
聞いても仕方ないとは思ってても、つい聞いちゃいました。
そしたら
「先輩はそんな風に思ってないと思うし、出られないのは仕方ない」
とちょっとムッとしていうので
「いや、責めてる訳じゃなく、あなたが嫌な思いをしてるならいやだな~と思って」
というと
「でも、自分がやりたくて、自分で決めたことだから、それは仕方ない。」
と言いました。
でもその言葉を聞いて安心しました、この子なら大丈夫だと。

先週の金曜日、10日ぶり位に部活に出て
「明日みんなで音合わせなんだって…まだ、譜面貰っただけで1度も吹いてないのに」
と言っていて、どうなることやら…と思いましたが、土曜日に部活から帰ってきたら
「ちゃんと音あわせられた、演奏できた」と満足げでした。
親にいわない部分でも努力ができる子です。

息子は娘とは真逆で、安心して任せられない部分が沢山あります。
でも、この子が一番優しい。
それこそまだ旦那と凄いバトルをしてた頃(爆)
子供の前だから押さえなきゃと思ってても抑えきれず爆発して、旦那と息子の前で絶叫し、号泣したことがありました。(娘は幼稚園に行ってていなかった…)
そんな時、3歳にもならない子が、私にいい子いい子をしてくれました。
今でも3人が出かけて、私一人で留守番する時になると(私が望んでそうしているのに)
「ママは一人で大丈夫?寂しくないの?寂しいなら、○○残るよ」と言ってくれます。

姑も、自分が息子2人で、娘がいないので、(しかも弟まだ結婚してないし)結婚当初から可愛がってもらっています。
ただ、その可愛がられ方になれなかった当初はだいぶ戸惑いましたが。
今でも戸惑う部分は時々ありますが、それでも義父母に反発したことはほとんどありません。
元々は他人さまなので、完全に理解できるのは難しいと思いますが、それでもお互いに、歩み寄れるところは歩み寄っているつもりです。
一緒に住んでないから…という部分も大きいと思いますが(実父母を見ていて余計思います)嫁姑仲はそれなりに上手くやっていると思います。


人生多かれ少なかれ、いいこと、悪いこと両方あると思います。
若い時はバランスをとるのが難しくて、そういう時は悪いことばっかり頭に浮かんできちゃいますけど、
今は我ながら、なかなかいいバランスなんじゃないかな、って思ってます。


あ…昨日のエントリー
まあ、皆さんお判りのこととは思いますが、(判らない方もいらっしゃるようなので)
旦那と2人は考えられない!は、もちろん旦那と2人でどう時間を潰すの?って言うのもありますが
それ以上に、子供がいなくなった生活が考えられない、っていう事です。
子供がいらっしゃる方なら、この点は理解していただけると思うのですが。

今は悲しいかな、そういう事件が増えつつありますが、
子供がまだ幼稚園の頃かな~?虐待で、自分の子供を殺す…というニュースが増え始めた頃。
旦那が「自分の子供を殺すなんて考えられない。奥さんは殺せても子供は絶対殺せない」という内容のことをいってました。
それには私も同意しましたわ。
なんていう夫婦かと思うかもしれませんが(笑)子供はそういう存在だということで。
ま、もちろん殺すぐらいなら、私はその前に別れますけどね。
でも、いまはまだ(まだ?)別れる意思はないので、もうしばらくは4人での生活となりそうです。


ははは、目茶苦茶長文になっちゃった。

読んでくださった方、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。