スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンフィンガーズ 

いってまいりました、今日のマチネ。

去年、自分名義で取れたチケは国立のみ。
今回のグリーンフィンガーズはもちろんはずれ。
「一緒に入ろう」っていってた友達もはずれ。
今回ばかりはどうあがいても無理か…と半ば諦めていたら
「先行取れてるから…もちろんかなちゃんの分あるからね」
と他地方住みの友達。

(TωT)(TωT)(TωT)

私が嵐ファンになってから一番最初に個人的に付き合い始めた友達だから、あ、ちょうど丸4年くらい?
それなのに、実際に会ったことは2回くらいしかないんだけど(^^;)

今回ばかりは…という時に、いつも救済の手を差し伸べてくれます。
ほんとに感謝!!

余裕を持って家を出るつもりだったのに、予定より10分遅れて家を出て。
ヤッターワン、どうしよう!?と思ったんだけど、帰りじゃ余計見れなくなるかも…と思って、思い切ってスクランブル交差点渡りました。
(そんな決心要るほどじゃないけどね 笑)
でも、交差点渡ってすぐのところなのね。
記念にパシャ…としたいところだけど、やっぱり出来れば人が入らないように…
なんて思うと、なかなか人の波が途切れず。
あれだけで、3・4回シャッター押してます(爆)

何とか人が入らないものが撮れたら、青山劇場まで走りましたよ(数メートルだけ)

劇場前にはグリーンフィンガーズの緑のアーチが。
そこでもパチリとしようとしたら、一緒にはいる友達が「もう中に入ってるよ」とメール。
慌てて私もはいりましたよ(あ、もちろん写メとってからね)

パンフはね、いつもは1階の入り口すぐのところで売ってた気がするんだけど、今回は地下1階でした。
開演前はもう凄く並んでたから買うの諦めたの。
なので、休憩の時に買いに行きました。
最初は凄く並んでて「間に合うのか?」と思ったんだけど、動き始めたらあっという間に買えました。
売り子さんが4~5人はいたかな?
買った後にトイレに行きましたが、余裕でしたよ。
トイレはこどもの城のほうに行きましたが。




舞台のことは…正直あんまり覚えてない(爆)

以下、覚えてることを少しだけツラツラと…




























時間になって、音がなり始めて。
でも客電まだついてるのよ。
「え!?ついたままはじまるの?」
なんて思ったら、しばらくしたら消えました(爆)

真ん中に人がいるのはわかったから
「もしかして、最初から相葉ちゃん出てるの?」
と思ったら、その方たちは生演奏の方々でした。
3人いて、一人はチェロ(かな?)一人はギター(かな?)そしてもう一人が、ボイパの方でした。
最初はボイパって気がつかなくてね…
だいぶたってから「もしかして…」と思って。
気がついてしまうと案の定、チョッピリ不快感。
でもやっぱり上手だし、舞台のほうを見てればそれほど気にならず。

席がね、一番後ろだったの。
でもセンターよりだから先行で取れた中ではかなりいいほうだったと思います。
今回は忘れずに(爆)双眼鏡持っていったんだけど、最初のほう、焦点を上手くあわせられなくてね。
それもあって最初はあんまり集中できなくて。

今回は1回しかはいれないから、あれも見たい、これも見たい、全体も見たい…となると、なかなか思うようにみれなくて。
ちょっと欲張りすぎました。

一幕の最後のほうで「あれ…?」って気がついた。
最初にパンフ見てなかったから、誰が出てるのかあんまり知らなかったんだよね(^^;)
なすびさんは強烈だったから知ってたけど(爆)
山田純大さんと住田隆さんがでてたんだね。
結構有名どころの人沢山いるじゃん、なんて思いましたわ。

話の内容的には多分単純なんだよね。
単純だけに逆に小難しく考えすぎました。
前半はどうしても話の内容を説明する件が多くなるせい(だよね?)なのか、なかなか私自身が話に入っていけず。
うわ~!!って思ったんだけど、後半は結構引き込まれました。

私、多分こういう人なんだね。
クンプーの時もそうだったもん。
前半寝そうになって、後半は引き込まれてた(爆)

相葉ちゃん自身の演技力は…
お前何様だよ!!っていわれるのを聞かない振りをして言わせてもらえれば。

言わされてる感がある部分もあり。
もちろん凄くいい部分もあり。

です(爆)


今までの相葉ちゃんの舞台が決してハッピーエンドじゃなかったじゃない?
あ、私は燕と忘れられない人しか見てませんが…
なのでそういう感じになるのか…
っていうか、そういう感じになるんだろう、そういう感じになって欲しいって無意識のうちに思ってたのかな?

ラストシーンが終わって、カーテンコールになったとき。
「ふ~ん、なるほどね~」
って思っちゃった。

でもなぜか、1回目のカーテンコールで相葉ちゃんが出てきた瞬間、泣きそうになった私(^^;)

カーテンコールは4回かな?
3回目の時に舞台セットの橋の上までいったから、「もしかしてこれで終わり?」と思ったんだけど、もう1回でてきてくれました。

そこで挨拶してくれたんだけど…なんだったかな?(^^;)

今年一番寒い日に来てくれてありがとう。
もう雪降ってる?(まだ降ってませんでした)
でもやってる最中に降り始めて、もう降ってるかもよ。

あと、表現は忘れましたが、舞台は必死にやっているといっていました。
やるたびにいろんなことを学べて(だっけな?)今日もそう。
この3ヶ月は必死ですみたいな(表現はこうじゃなかったな…)
滝に打たれているようですよ。って。

もうすぐ折り返し地点ですね。
山田純大さんが、ティーセットをがしゃんとやってしまった部分があって、
「うわ!割れたか!?」と思ったところがありましたが(割れてなかったけどね)
最後まで怪我のないよう、頑張ってほしいです。

舞台を見て、今はこれ以上鉢は増やせないけど、せめて今ある鉢の花たちは、もうちょっと手入れしてやろうって思いましたわ(笑)














あとね、これは強制するべきことじゃないし、人それぞれだからそれはそれでいいんだろうけど。

カーテンコール、最後の最後まで座ってる人が大半でした。
「あら、みんな立たないんだ…」って思っちゃった。
まあね、それこそ人それぞれだし、いいんだろうけどさ~。

チョッピリ寂しい気持ちにもなりました。

…って、相葉ちゃんが喋り始めたら、周りなんて見えなかったから、実際立ってる人がどのくらいかは判らないんだけど、ふと目をやったら、2階席はもちろん、1階席も座ってる人のほうが圧倒的に多かった。

私自身は、立ち上がって、手をめい一杯舞台のほうに伸ばして拍手するのが好きだからね。

座ってる人たちの分も一杯に手を伸ばして、相葉ちゃんに向かってめい一杯賞賛の拍手してきました。
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます

こんばんは。

かなさんのレポとWSを思い浮かべ~読ませていただきました。
こちらの新聞に載った記事も読みました。
うまく書けないので…ごめんなさい。
レポしてくれてありがとう。

一番感動したのは、かなさん!
舞台のレポのこと忘れちゃうくらい。
最後の十数行の文章で涙が出ちゃったよ。

まゆさん

全くこれはレポじゃないですね、単なる自分の覚書のみになってしまってごめんなさい。
相葉ちゃんの舞台はいつも何か大きい話題にぶつかってしまう気がします。
前回もそうだった気がするし今回はアカデミー賞だし。

私からは座ってる人が多く見えたんだけど、1階席はスタンディングオベーションの方がほとんどだったと教えてもらえたので、よかったです。
潤くんが前に
「自分で立って拍手を送りたいと思ったらそうすればいい」みたいなことをいってたんですよね。
タイミングを計って立つものではないし、強制されるものでもない、みたいなことを言いたいんだな、ととったのですが。

だから(って、だからはおかしいけど)座っていようと、何言われる筋合いではないんだけどね。
でもやっぱり相葉ちゃん、凄くがんばってたから。
みんなで褒め称えてあげたら相葉ちゃんも嬉しいし、みんなも嬉しいだろうにな~なんて思ったもんだから。

残りも頑張ってほしいですね♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。