スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凪… 

本日、青山劇場のアマツカゼ、マチネに行ってまいりました。
な~んかね、いつもは当日実感なくても、電車に乗ると、「ああ、もうすぐだ~!!」って実感湧いてくるのよ。
でも今日はなんかそういうのなくてさ~(^^;)
青山劇場の前の巨大垂れ幕を見て、漸く実感。
(遅すぎ)


そして帰りの電車の中で、携帯で情報ブログさん見てたら、何~!?もう電車にニノの広告あるの~!?って思って。
でも残念ながら山手線じゃなかったから
「あ~あ、それなら、渋谷からちょっとでも山手線に乗るんだったな~」
って思ったんだけど、きょろきょろしてみたら、ニノ発見♪
降りる時に急いで写メとったんだけど、ぶれて見るも無残なものに…(^^;)
ま、見られただけよしとするか

携帯からPIYOでぶつぶつ呟いてみたんだけど、エントリーされてないね(^^;)
確か、ニノは白黒の顔アップ。
商品はカラーで顔の横で持ってます。
…でも見惚れるだけ見惚れて、記憶しようとしてなかったので、自信はありません。
あしからず(^^;)

そして、感想にならない、凪…
いいたいこといっちゃってるので、ネタバレNGの方はお気をつけあそばせ…








ホント、感想なんてものはいえませんが。
とにかく大野くんの凄さを見せ付けられた。
友達曰く、ミルクティー色の髪の毛をした大野くんが、凪になっていて、でも途中から、凪とは呼びたくなくなって。
ほんとにね、にこりとしないの。
唯一したんだろうな、ってとき、あの時は双眼鏡でガン見するべきだった。
肉眼(コンタクト付)で見てたよ…(^^;)
ギャグはほとんどなく、あ、まわりは言ってたけどね
大野くんはきださんに「劇団解散してから友達いないくせに…」みたいなこといってたかな~?
きださんが「家に帰って画だの粘土だのばっかりやってるくせに」みたいなこと言われての返答だったんだけど。

後はとにかく殺陣がすごかった。
そりゃあれは3リットルの汗かくよ!!って思った。
後はね、何で見たんだっけ?いってたんだっけ?
アツヒロくんが憎たらしいみたいなこと言ってたよね。
強くて強くて、あまりにも強すぎるから倒せないからって。
そう思うのもね、判るくらい凄い殺陣、そしてアツヒロくん強すぎ!!(爆)

途中でどっと疲れたところがあった、みてる私がね(^^;)
大野くんは出てないシーンだったんだけど、陽炎と、旦那(なんだっけ?名前)が、アツヒロくんの手下にやられるでしょ?
これでもかっていうくらいやられてさ、あれ、見てて途中から凄い疲れてきた。
自分ではどうにも出来ない理不尽さっていうかさ…
まあ、世の中、全てが自分の思い通りになるわけないんだけど。
でも、それに命がかかってることに凄い疲れてきちゃって。
「もうやだ~!!」なんて思っちゃったりして。

でも最後の最後、それどころじゃなくなっちゃったね。
パンフ見ててあの妹役の人のところに「凄い悪役」ってあったんだけど、途中までは「どこが?」なんて思ってたの。
でも・・・極悪だったね(爆)

そして、最後の最後、「あ~それで風=風助になるんだ~」って。
でも、私その肝心なセンゴクプー見てないんだよね…(^^;)
あれ、みせられたら、観てみたいよね~センゴクプー
再演は…ないんだろうけど(^^;)

あ~全くまとまらない頭で書いちゃったな。
ま、自分のための、行きましたっていう覚書ってことで。



スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです

こんばんはかなさん、お久しぶりです。

自分も昨日アマツカゼ観て来ました。
確かに途中何度も「もぅやめて!」って思ってしまうところが何度かありました^^;

開始数分で凪から汗がポタポタ落ちてるのが見えましたよ、
本当に3ℓかいてますね、あれは(笑

妹が極悪だってのを知らずに観てました(笑
ちょっと最後本当にビックリしました(爆

プーシリーズは初めて観たのですが、やっぱり戦国・風観たくなりますよねぇ^^;
再演・・・是非して欲しいですね・・・27歳の大野さんで(笑
せめてDVDでも・・・は無理ですかね?^^;

では長々と失礼しました。

聡士さん

こんばんは(*^^*)
テーマが重いですよね。正直疲れました。
ハンカチ必需品で、目と鼻が大忙しでした(爆)

最後、「そう来たか~!!」って感じでしたよね。
凪が純粋なだけに余計感じました。

プー再演してほしいですよね~。
パンフにのってたセンゴクプーのポスター(だったかな?)の大野くんが若くてビックリ。
ほっぺが今よりぷくっとした感じで可愛かったですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。