スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛に満たされて 

WS何とかいくつか捕獲できました~♪>大野くん舞台
もうちょっとやってくれるかな~?とも思ったんだけどね。
ちょっと数は少なかった。
アツヒロくんとの殺陣かっこよかったね~♪
やっぱり舞台、絶対観に行きたい!!
争奪戦、勝ち残らなきゃ~!!

今日は下の子の授業参観だったので、午前中はフリーだったのですが、やっぱり昼寝、しちゃいました(爆)
明日は仕事先の新年会(といっても平日昼間チームのですが)で、子供を実家に預かってもらうんです。
で、午前中迎えに来てもらうんだけど
「…この家の中じゃ、また何か言われるな」と思って、ちょっと片付けたんです。
でも何かながら見しながら…と思ってAAA+in DOMEを流して。
この前AAAちょこっと観たからね、それの続き(?)でと思って。

ながらみだったから、じっと見てるわけじゃないだけど、自分的ポイントというか、ツボではしっかりと画面の前に座って。

久々に見たんだけど、何故かやっぱり泣けてしまった。
COOL & SOULと、ラストの挨拶部分ね、あとアンコールのWISH
やっぱり私、翔くんの言葉に弱い。
どっちも翔くんがいうことで泣けちゃった。

後はWISH「みんなで歌って~」っていって、みんなで歌うと、潤くんが
「ありがとう」っていうんだよね。
シックコンの時もそうだったんだけど、潤くんに「ありがとう」っていわれると、なんか泣けてきちゃう。

発売当初はぼろくそ(爆)言ってたけどさ~、ドームDVD 。
今でもね、不満はあるよ、そりゃね(笑)
でも、久々に見て、なんか私(達)って、愛されちゃってるな~って凄い実感できて。
その愛されてるってことを実感できて、あまりの幸せに泣けてきちゃった。

次はどうか、Timeコンで泣かせてください。
あ、できればアリーナクラスのDVDがいいな~(いいたい放題)

午前中はDisc1しか見てなかったんだけど、友達に「今、ドームコンDVD見てたの」ってメールしたら
「私、まだ見せてもらってない…」って返信が来て。
私すっかり貸した気でいたんだけど、いわれてみたら「しばらくは手放せない!!」と思って貸してなかったかも(^^;)

お昼ご飯食べ終わったあと、片づけしながらDisc2見て、夕方貸しました。
相葉ちゃんの挨拶見て、なんて思うかな~?
(彼女、嵐では相葉ちゃん一押しだから)




以下、完全なる私事、です
秋かな~?
10月頃にここでもエントリーしたんだけど、子供がいじめというか、落書きされたっていう件。
実は11月の上旬に解決(?)してまして。
学校側には報告はすぐにしたんだけど、クラスには報告してなくて。
今週子供達に、そして懇談会の時に保護者に報告をして、一応これで終止符を打つことが出来ました。

なんとなく察してる方もいると思いますが、うちの子のものは、全部自作自演でした。

かなりショックも受けましたが、認めさせるまでのやり取りで凄い細かい、しょうもない嘘だけど、かなりの数つかれまして。
正直私はそっちのほうがショックでした。

うちの子に限ってっていう頭はなかったつもりなんだけどね。
判った時も「うちの子に限って」とは思わなかった。
でも「何でこの子がうちの子なの?」ってことはフッと頭よぎっちゃいました。
そういうことをやるこがどうしてうちの子なの?ってね。
判るかな~?この違い(^^;)

で、自作自演が判った時に、最初に浮かんだのはもちろん「それじゃ以前のものもうちの子がやったの?」って考えで。
こっちが決めつけで話を持っていこうと思っても、それは頑として認めなくて。

でも大人の考えじゃ、つじつまが合わないんですよね。
「それをやってないなら、何故自作自演する必要があるの?」って。
以前のこともやってたのなら、それをごまかすために自分も被害者になればいい、って考えるのはわかるけど、やってもないのなら、そんなことする必要ないじゃん、って。
しかも自分の物に書いた中に、まだ使ってない、これから使う配られたばかりの教科書も入ってて。

そこまで追い込まれるのは尋常じゃない、ならやっぱり前のやつやったんでしょ?って。

でもね、やっぱり違うっていうの。

自分のをやったって認めた後も、どうも納得いかないというか、引っかかる部分があって。
認めた1週間後かな~?改めて問いただして、詰問したら、それも結局嘘で。
それまではこの私が、声をそう荒げることもなく、淡々と話をしてたんだけど、もう本気でぶち切れてね。

「あんたのいうことはどれが嘘でどれがほんとかわからない、何にも信用できない!!」
って怒鳴り散らしたら
「今までのは全部嘘、本当の事は、自分のものは自分でやったってことと、○○さんたちのものはやってないってこと、その2つだけ」
っていわれて。

それで逆に納得できちゃいました。

やってしまったことの動機っていうと、結局、先生によく呼ばれて、事情を聞かれてる子がそのやられた子とよく一緒にいる子なんだって。
で、先生に呼ばれると何時間も帰ってこないこともあるし、泣きながら戻ってくることもある。
子供から見ると、どんなに怖いこといわれて泣かされてるんだろうと思っちゃったみたいで。
うちの子から見ると、その泣いて帰ってくる子は完全にシロだっていうのね。
「あの子はそんなことするわけない」って。

でも先生に呼ばれると、泣かされるほどすごいことをいわれる。
そして自分もその今までやられてた子と仲がいい。
そうすると、次に疑われるのは自分かも…

っていう思考回路だったらしいんだけど。

なんかね~
「そんなことするならさ~する前になんで言わなかったの?
相談してくれれば、『そんなこと絶対ばれるからやめな』とも言ったし、もっと他のいい方法が見つかったかもしれないのに」
って言ったんだけど。
徐々に親に相談しないで、自分だけで抱え込むようになっていくんですね。

先生達にもね
「○○さん(うちの子ね)は全く考えてませんでした」
って言われて。
だから逆に先生達にもどうしてやったのか、なかなか理解してもらえなかったんだけどね。
そして、当たり前のように、今まで加害者の可能性としては一番後ろのほうにいたうちの子、ほぼ先頭に持ってこられたんだけど。

うちもね、時には脅してみたり、時にはカマをかけてみたりもしたんだけど、やっぱり認めなくてね。
筆跡鑑定の話までしてみたりして。
でも、そしたら「見てもらってもいい、その代わり、今まで絶対にはずしたことのない人に見てもらいたい」って。

そこまで自信があるならやっぱり違うのかな~?とか。
でもやっぱり不安になって
「左手で書いたってことはないの?左手で書こうが、いつもと違う字で書こうが、鑑定する人にはすぐにわかるんだよ」
っていったら
「絶対やってない」って言ってたんだけどね。

で、結局。
学校側も、色々調べた結果、やった子の特定は出来てないんだけど、うちの子の可能性はきわめて低いと。

それを受けて、今回それぞれ、お詫びをすることにして、それが私は昨日でした。

でも昨日はそのあとやっぱりまだ未解決部分の話になってね。
それでかなり遅くなったんだけど。

でもそれも、まだゴールは出来てないけど、トンネルの向こうの光がうっすらと見えてきたというか。
今年度中にトンネル抜け切れるといいんだけどね。

今回のこの件で、コメントいただいたり、メールを戴いたりして、ありがとうございました。
自作自演とわかってからは、ホント心苦しかったです。
だって、悪いの、うちの子だったから。
でも、皆さんのお気持は凄くうれしかったです。
どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

殺陣・・・

今晩は・・・大野くんの殺陣
かっこよすぎます。リピートしまくってしまいました。なんとか激戦を勝ち抜いて
大野くんの殺陣を生で見たいですねっ
作品集も予約のだんかいから受け付けて
もらえずに大野くんファンはとても大変な数日間を送ってます。私は、なんとか予約を
継続してもらえていますが・・・果たして手に
出来るかわかりません!でも、後からでも
手にすることが出来ればうれしい!!
かなさんもチケットがゲット出来るといいですね!!

今、夜中に潤くんが出てる『ぼくはペット』
見てます。潤くん可愛いですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

某さん・なかさん・某その2さん

>某さん
お返事遅くなってごめんなさいね(^^;)
そう、事実を知りたいなって思いますよね。
一応ね、今回の件、我が家の件はうちとしてはこれで終了、ってことにしたんです。
でも、以前からのものも解決しないと、本当に終わりにはならないんですけどね。
今回、謝る時に何を言うかってことを一応学校側と話し合いをしたんです。
で、娘はみんなに嘘をついて嫌な思いをさせたことと、でも私は以前のものはやってません、ってことを言ったらしいんです。
で、先生は「お母さんも同じことをいってもらえれば…」
って言ったのね。
でも私は「それはどうなんでしょう?」って言って、拒否しました。
娘は自分のことだから、以前のものはやってないっていえるけど、私はそっちが解決してない状況で、以前の分は娘は絶対やってません徒は言い切れませんっていったんです。
一応ね、娘ともとことん話をしたし、娘の状態からしても、9割9分やってないって感じだよね…とは旦那と話してたんです。
でも、絶対とは言い切れない。
今後、新しい情報なり、証拠が出てきて、娘がやったってことにならないとは限らない、だからそれを私がいうのはどうでしょう?って。
先生も納得してくれたので、それは言うのやめました。

ホント難しい、見えない事実があるだけにほんとに難しい。
でも、先生も何時間も聞き取りをしてくれたし、相手にもなってくれたのに、ホントのことを言ったのは私の前だけなんですよね。
って言うか、私が全部聞き出しちゃったというか。
やっぱり子供にとっては親は別物(っていう表現が適切か判りませんが)なのかな~?って。

今回の件は、ホント、色々勉強になりました…(^^;)
正直あんまりしたくない勉強でしたけどね(笑)


>なかさん
ホント、大野くんなんでああも凄いんでしょう。
眉が下がっているときの大野くんとは別人のようでしたわ。
作品集・・・ホント凄いですよね?
って言うか、出版社、何を考えているんでしょう!!(怒)
出すなら出すで、もうちょっと考えてほしい~!!
最初はもちろん初版がほしい!!なんて思ってたんだけど、こうなると、何でも、いつでもいいから~!!って思っちゃいますよね。
チケ…はい、怖いです、取れるかどうか(^^;)

>某その2さん
なんかね・・・ホント、凄かったです。
って言うか、今も凄いんですけどね。
被害者側のお母さんはもちろんなんだけど、悪いことをしてしまったほうの親も、疑いをかけられている親も、悪いところはもちろん正すべきなんだけど、やってないことまで罪を擦り付ける…って言い方はよくないけど、そういうことや、別の怒りまでぶつけられたりっていう事から、自分の子供を守らないといけないんですよね。
もちろん悪いところは正すべきだけど、どうしてやってしまったのか、その方法しか思いつかなかったのか、もっと別の方法を取るべきだったんじゃないか、ってことをちゃんと教えて、導いていかなきゃいけないんだな・・・って思いました。
結構子供が自分で勝手に(笑)育ってくれてる部分もあるんだけど、ちゃんと親が手引きしなきゃいけない部分もあるんだな~ってね。
今更というか、当たり前のことなんですけどね
(^^;)改めて思い知りました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。